Dating in southamerica

Visit the colonial town of Pisac, famous for the colorful Indian market that takes place in the town.Make a stop to delight yourself with some Peruvian cuisine at a local restaurant.Catch the flight from Cuzco to Foz do Iguaçu, located on the Brazilian side of the Iguazu Falls.

dating in southamerica-43dating in southamerica-19dating in southamerica-58

コピアポ鉱山落盤事故(コピアポこうざん らくばんじこ)とは、チリ共和国アタカマ州コピアポ近郊のサンホセ鉱山にて、現地時間2010年8月5日に発生した坑道の崩落事故。崩落により33名の男性鉱山作業員が閉じ込められるも、事故から69日後の現地時間10月13日に全員が救出された。サン・ホセ鉱山 (el yacimiento San Joséまたはla mina San José) は、コピアポの45km北に位置する。鉱山を所有したのはミネラサンエステバン社、政府は2010年7月から、鉱山所有会社らに坑道の強化に失敗している旨の警告を発していた。1995年に鉱山労働組合は、コピアポ鉱山の閉鎖を要求し、話は裁判所にも持ちだされた。2005~2007年にかけて労働監督局は閉山を決定したものの、なんらの改善措置も行政監督もなく、2009年操業の再開が認められた。今回の事故の原因となった強度の不足も、事故が起きる前の段階で予測が可能だった物を、早期に鉱山閉鎖をしなかった理由について論争を引き起こしている。全国地質・鉱山事業局(Sernageomin)の果たした役割が疑われ、Sernageominの17人の監督官による責任のなすりあいが行われる一方で、鉱山経営者との間に利益提供があったことが疑われている。アタカマ州には2000から3000の鉱山があるが、担当する監督官はわずか2名であった。 退院後のマリオ・セプルベダの言葉によれば33人は「一人一票制の民主主義を採用していた。脱出口を探したり、士気を高めようと皆で頑張った」。またこうも言っている。「もし関係が破綻したら、みんなお仕舞いってことは誰もがわかってた。毎日別の人間が何かしら不始末をやらかしたけど、そういうときはいつでも、みんながチームとして士気を維持しようとしていた」。セプルベダはじめ古参の鉱夫は若い人間をよく助けたが、鉱山内で起こったことの詳細、特に絶望的だった最初の何週かに起こったことについては口を閉ざすよう皆で誓った、と彼は言った。そういった出来事の中には、仲間が死亡した場合にその肉を食べることも真剣に検討したことも含まれていた。 アバロスもまた、地下で生き残るため空腹に打ち勝とうと力をあわせた。「まとまりになれば、頑張りとおせる。希望をもっていられる。生き残るとみんなが信じなければいけなかった」と語っている。かつてプロのサッカー選手だったフランクリン・ロボスは自分たちが素晴らしいサッカーチームであるかのように行動したという。「酷いことが起きたけど協力しあった。何もなかった、水が飲みたくても飲み物なんてどこにもなかった時も。僕らは協力しあったんだ。食べるものもなくて、スプーン一杯のツナ缶を口にしたぐらいだった時も。それで本当に結束することができた」。 救出後、チリの大学でトラウマ、ストレス、災害に関する学部を統括しているロドリゴ・フィゲロア博士は、地上の家族と鉱夫たちが交わした手紙を読んだり彼らの行動をモニターした結果、そこには深刻な欠陥が見られ、地下の鉱夫たちは急に「赤ん坊」に戻ってしまったかのようだった、と述べた。しかし「33人」の生来の強さは健在で、災害に立ち向かうため彼らが自然とチームとして組織化されたのもまた人間の持つ脅威への対応の一つである。また、鉱夫たちの健全な精神は一貫して見られ、その精神はこれからも再開した地上生活で試されるだろうプランB (Schramm T-130 machine)は、既に複数あった既存の10センチの補給用の穴の1つを拡大するもので、プランAより標高が低い場所から9月5日作業開始した。到達目標は比較的浅い場所にある作業所(ワークショップ;地下630メートル)が選ばれた。9月17日に直径30センチまで拡大が終了した。その後70センチに拡大する作業が開始された。掘削された土砂は坑道に落下するため、彼らは24時間体制で落下した土砂を運搬する作業を強いられた。10月10日早朝にプランBの救出穴の拡張作業が終了した。当初の予定では、地表から100mほど地下は地層が不安定な為、厚さ3センチの鋼管を穴に挿入して補強する予定だったが、地下55m地点でそれ以上の挿入(補強)が不可能となり地下100mまでの補強は断念された。世界中から集まった報道クルーは、日本も含む39カ国の、合計で2500人に増えたと伝えられている。現地はごったがえし、コピアポ市役所の炊き出しが足りなくなるアクシデントに見舞われた左腕に"JESUS"、正面に“¡Gracias Señor!

Incan Cities to Iguazu Falls & Rio de Janeiro The Iguazu Falls, located on the border of southern Brazil and northern Argentina, and the ruins of Machu Picchu, nestled in the cloud forest of Peru, have been difficult to combine into a quick South American tour -- until now.

These two highlights of South America are readily accessible with a flight direct from Iguazu to Lima.

Your tour guide will greet you at the airport and transfer you to your Lima hotel.

Explore the Peruvian capital on a half-day city tour.

521

Leave a Reply